〇をつけよ。

20代非正規女子が自分らしい生き方を探るためのブログ。

鈴木愛理さんの魅力。

こんにちは。

今日は元°C-tueで歌手の鈴木愛理さんについて。

 

プロフィール

名前:鈴木愛理(すずき・あいり)

出身地:千葉県

生年月日:1994年4月12日

年齢:24歳

血液型:B型

 

鈴木さんは、°C-ute解散後は音楽の道に進むと決め、今はソロ歌手として活動しています。

2018年6月6日に、「Do me a favor」にてソロデビュー、7月9日にはソロでの日本武道館公演を控えています。

 

私はチーム°C-uteといえるほどのオタではないし、鈴木さんのことも、「アイドルの王道みたいな女の子がいるんだなー」と思うぐらいで、最初は全く興味がありませんでした。

むしろ王道すぎて、好きになれなかったぐらい。笑

 

ですが、今や公式ブログをチェックし、『あいりまにあ』まで購入してるのですから、ファンになってしまったということなんでしょう。

 

鈴木さんの歌とダンスはもうアイドル界ではトップレベルですし、その素晴らしさはみなさんご存知のことかと思います。

なので、今日は歌やダンス以外の鈴木さんの魅力について思うところを。

 

1.努力を怠らない

鈴木さん、キッズオーデに合格したときから歌は抜群に上手かったようです。

でもそこで満足せず、オーディション合格後、℃-uteに選ばれたあとも努力を続けます。

鈴木さんのブログを読むと、鈴木さんがどれだけ歌が好きで、どれだけまっすぐに向き合っているのかが分かります。

素人目には、課題なんてないんじゃないかと思うぐらい上手いけど、鈴木さんは自分の歌に課題を見つけて、それを一つずつ乗り越えてきているようです。

Buono!結成後に自分の歌声の細さに気がついたり、練習を重ねて少しずつ音域が広くなったり… 

 もうすでに上手いのに、自分の歌に驕らず努力を重ねられるところが本当に素敵だなと思います。

 

2.何でも前向きに考える

 これも鈴木さんの魅力の一つですよね。「何でも前向きに考える」ところ。

鈴木さんは°C-ute解散後、約1年は表に出ず、ソロデビューのための準備の日々が続きました。他の°C-uteメンバーは解散後わりとすぐに舞台に出たり、バラエティーに出たりしていたので、鈴木さんも焦りは感じていたようです。

ameblo.jp

ブログでは他のメンバーと比べて焦っていることも正直に書きつつ、「でも私は私だから!」と最後はやっぱり前向きな鈴木さん。

『あいりまにあ』でも中高時代はものすごく忙しかったということが書かれていたけど、それでも入ってくる仕事は断らなかったんだとか。

それも「やってみたら楽しいかも!」と思ってしまうんだって。

やっぱり前向き。

 

でも鈴木さんのお母様いわく、「愛理の前向きな性格は、生まれつきではなく、自分の嫌なところを直そうとしてそうなったもの」だそうです。

すごいなあ…。

 

歌が好きなことを好きだと自信を持って言えるところが素敵だなーと思うけど、それは単に好きなだけじゃなくて努力を怠らないからこそ、自信を持って言えるのだと思います。

 鈴木さんは「歌が好き」な気持ちには自信を持っていると思うけど、「自分の歌」に対してはそんなに自信満々なわけじゃないと思います。だから歌に対して驕ることがないんでしょうね。

 

鈴木さんの魅力は単に歌やダンスが上手いところではなく、内面的な美しさにあるんじゃないかなーと思ってます。

『情熱大陸』みたいな感じで、密着取材したやつを地上波で流してほしいですね。そしたら「鈴木さんの魅力は歌やダンスだけじゃないんだよ!」ってことがお茶の間にも伝わると思うので。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

ほれたはれただけじゃ生きてけん

°C-uteの『愛ってもっと斬新』!

作詞作曲はつんくさんです。

 

キスしても抱きしめても満たされない感覚

夢見ても愚痴を言ってもなんかそういうんじゃないな

たぶんこの週末は忙しい

たぶんこの終幕は馬鹿らしい

女が損するような時代はNo

たぶんこの究極の選択で

たぶんそのプライドが試される

ほれたはれただけじゃ生きてけん

 

愛ってもっと斬新

愛ってきっと執念

愛ってそんな崇拝的じゃないんじゃない

地球に端っこなんてないから

胸を張って真ん中歩け 

 胸を張って真ん中歩こう

(※いちばんのみ)

 

去年の6月12日、さいたまスーパーアリーナ公演をもって解散した、°C-uteちゃんの歌です。

°C-uteちゃんはメンバー全員が可愛いというか綺麗で、スタイルもよくて、歌もダンスもうまくて、ちょっぴりセクシーで「綺麗なお姉さま方」の印象が強いです。憧れです。

 

 好きなのはここ!

「ほれたはれただけじゃ生きてけん」!!

 

… いや、アイドルが「ほれたはれただけじゃ生きてけん」なんて歌いますか、普通。というか、歌わせますか、つんくさん。

 

確かに人は恋愛だけじゃ生きてけん。

誰かを好きになるのは素敵なことだと思うけど、それで飯が食えるわけじゃないからねぇ。

自分は、この歌は男に好かれるのを待つんじゃなくて、自分で自分の人生の真ん中を歩いていけっていうつんくさんからのメッセージなんだと解釈してます。

なんか°C-uteちゃんのイメージそのままの歌詞だなぁ。

 

 「アイドル」を辞書で引くと、「偶像」という意味が出てくるぐらいですから、アイドルはその時代の象徴でありアイコンなんですよね。

きっと今の時代のアイドルが表すものは「可愛い女の子から自立した一人の女性へ」と変わりつつあるんだろうなと思います。 

 

そして、以前もブログに書いたけど、ハロプロはやっぱり自分の人生を生きようとする女の子の物語なんだなーと思うのです。

 

helloprojectidol.hatenadiary.com

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

愛ってもっと斬新

愛ってもっと斬新

 

 

「他人の輪に入れない…」そう思って悩んでる人が聞くべき曲!

「他人の輪に入れない…」そう思って悩んでる人が聞くべき曲!

 

アンジュルムの『泣けないぜ…共感詐欺』!!

作詞作曲は山崎あおいさんです。

 

「泣けないぜ…」

涙が出ちゃう話題の映画で

ちっとも震えなかった涙腺

世の中変じゃん? まさか言えない

心が乾いてひび割れそう

「全米、感動、号泣」ヒロイン重ねて

「全然、颯爽、蒼穹」お決まりのエンド

「全米、感動、号泣」誰か私の目 熱くして

強引なシンパシー ノれないと損らしい

ひとりひとつの人生に ひとりひとつの感情

テレパシー? 誰もわかんないし

押し売りに嫌になって 飛び出してしまったって

Lonely

「泣けないぜ…」

Yes we,yes we…

あなたたちの輪に入れない oh yeah

Yes we,yes we…

「私たち」ってところで 誰?

 (※いちばんのみ)

 

「あなたたちの輪に入れないんですけど…」っていう気持ちをアンジュルムの皆様が歌ってくれる!

だって、アンジュルムなんて顔は可愛くてスタイルはお化けな子が集まっているグループですよ。

学校にこんなグループがいたら、もう一軍間違いなしでしょうよ。

そんな子たちが「世の中変じゃん?」って思っていて、「あなたたちの輪に入れない…」って歌ってくれるんです。

そりゃ、勇気もらいます。

 

自分は高校時代、「あなたたちの輪に入れない…」な生徒だったので。

みんながグループを作るなかで、お昼ご飯はいつも一人で食べていました。

だって、はやりの映画も漫画もテレビも興味なかったんだもん。

「スイーツ映画」とか正直嫌いです。

出演している人、監督さんとかは好きだけど、あのコンセプトが受け付けない。

 

高校時代にこの曲が発売されてたら、自分も、もっと堂々としていられたのかもしれないなーと思いました。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

謎の大物オーラを放つハロプロ研修生がいる。

 

ありがた迷惑物語

ありがた迷惑物語

 

 

こんにちは。

久しぶりに「アイドル」カテゴリーのブログです。

 

今日は気になっているハロプロ研修生について。

自分は「実力診断テスト(?)」を見に行ったこともないし、研修生の名前もほとんど分からないのですが、なぜか気になるハロプロ研修生がいます。

それが「西田汐里」さんです。

ユーチューブにあがっていた、「Hello!Project 研修生発表会2017~春の公開実力診断テスト」を見たのがきっかけでした。

 
アプカミ#66 モ娘。20周年企画、ハロプロ研修生発表会、℃-ute、PINK CRES.ライブ映像、オススメ紹介ほか MC:矢島舞美(℃-ute)、二瓶有加(PINK CRES.)5/12/2017 - YouTube

 

どこに惹かれたんだろう。

可愛い顔だと思うけど、めちゃくちゃ整っているとか美人すぎて直視できないとかそういうわけではない。可愛くて親しみやすい感じ。

歌も上手いと思うけど、段原さんみたいな上手さではない。

だけどついつい巻き戻して見てしまう。

 

歌っているときの視線にブレがないなーと思います。お客さんの前でひとりで歌って踊るんだから緊張するのが当たり前だと思うし、視線がブレている研修生も割といる。

だけど西田さんは視線がブレないし、態度も堂々としたままで歌って踊っている。

 肝が座ってるし、謎の大物オーラと色気がある気がします。

こういう肝の座り具合というか、オーラってどこで身につけてくるんでしょうね。

それこそ研修生なんて年齢も大して変わらないだろうに…

 

あとは自分らしく歌ってるというか、その歌を自分のものにしてるかどうかかなー。

少しぐらい失敗しても音程がずれても、全力で表現している子のほうが見てて気持ちがいいです。

綺麗に歌ってる子もいいけど、「もう少しはみ出していいのに…」って思ってしまう。

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

ライブMCに見る欅坂46とハロプロの違い。

アイドルのMCを見てて思うこと。

 

この前(といっても約1か月前ですが)、欅坂46がデビュー2周年記念のライブを開催したようで、朝のニュースでも取り上げられていましたね。

今回はセンターの平手さんが不参加ということで、他のメンバーが曲ごとにセンターを務めたようです。

で、そのときのMCが一部放送されてるのを見て思ったのですが、坂道グループはMCのなかでグループのセンターがどれだけライブのために頑張ってきたのかを観客の前で積極的に誉めてるなーと。

 

今回で言えば原田葵さん。

『二人セゾン』のソロダンスを披露しました。

パフォーマンス後、緊張が解けたのかMC中に涙してしまって、他のメンバーから「葵ちゃんはソロダンスの練習、すごく頑張ってたんだよね」と慰められていました。

 

この映像をテレビのニュースで見てて、「なんか似たような場面を見たぞ…」と思ってたんだけど、それは乃木坂46の斎藤飛鳥さんが『裸足でsummer』で初センターを務めることになり、センターとして夏の全国ツアーを回っていたときのことでした。

ツアーのMCのなかで、生駒里奈さんに「飛鳥ちゃん頑張ってたよね」と言われて思わず涙する斎藤さん。

 

「あー、全力で頑張ってて、それを仲間が認めてくれるなんて素敵な関係やな」と思ってほっこりしてたんですが…

 

そういえば、ハロプロではMC中にメンバーが他のメンバーの頑張りを褒め称えるような場面を見たことがない!!

 

実際にライブに行ったのは数回しかないので、もしかしたらハロプロでもそういうMCはあるのかもしれません。

でもメンバー同士で、しかも観客の前で、さらにライブ中に褒め称える文化はないような気がしています。

 

ハロプロだと、こういうメンバーの頑張りは、DVDマガジンに収録されてて、そこで見れることが多いですよね。

たとえば2013年のツアーで田中れいなさんが耳の不調のため、ステージに上がれなくなったとき。

メインボーカルだった田中れいなさんに代わってそれぞれが田中さんのパートを歌うことになり、焦ったり緊張したり、励まし合ったり涙したりするメンバーの様子がおさめられてました。

 特にクローズアップされていたのが石田亜佑美さんで、『私のでっかい花』の田中れいなさんのパートを立派に歌い上げていました。

 

ハロプロは「完璧な歌とダンスを観客に魅せる」というのがコンセプトなのかもしれないなあ。

「できて当たり前」みたいな顔で涼しげな顔して踊ってる。

メンバーの頑張りは、あえてライブ中には語らない。

 

対して坂道グループは「メンバーの成長していく過程を観客に魅せる」というのがコンセプトなんでしょうかね。

 

うーん…、でもハロプロでもオーディションの様子を公開したりとかしてますし、研修生もいますからね。

「メンバーの成長していく過程を観客に魅せる」というコンセプトも少しはあると思うんですけどね。

じゃああの雰囲気の違いはどこから来るんだろう?

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

「ひとりぼっちで苦しい…」と思ったら聞くべき曲!

「ひとりぼっちで苦しい…」と思ったら聞くべき曲がこちらです。

 

アンジュルム『君だけじゃないさ…friends』(2018アコースティックVer.)です!!

断然アコースティックVerをおすすめします!心に沁みます!

 

作詞作曲は星部ショウさんです。

 

「テキトーでいいよ、ラクしていたい」

「いやもっと、ちゃんとすべきだ」

弱い自分と強い自分が 心の耳元で囁いている
この体ひとつなのに、まるで心二つあるみたい

閉ざされた胸の奥で もうこれ以上いがみあわないで

目覚ましのベルが鳴る 重たい目をこすったら 眩い朝陽のもとへ

誰もが心では葛藤して 涼しげな顔をして 生きるために現実を走ってる

きっと皆んな苦しいんだ 君だけじゃないさ 君だけじゃないさ

きっと皆んな同じなんだ 君だけじゃないさ 君だけじゃないさ friend

(※いちばんのみ)

 

いや、沁みました。アコースティックVerのほうが断然好きです。

自分は今無職で、ひとりで家で過ごすことが多いです。

同世代の人たちは朝から夜まで一生懸命働いているのに、自分は仕事もせず家にいる。

そんなとき、「あー、自分だけがひとりぼっちなんだ」「働けない自分はダメなやつなんだ」と思って落ち込んでしまいます。

 

 

 ちなみに、自分が落ち込んでるときって、他人への想像力をなくしがちになる気がします。

「きっと皆んな苦しいんだ 君だけじゃないさ」

忘れないようにしたいです。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

君だけじゃないさ...friends

君だけじゃないさ...friends

 

 

「自分の人生は自分のもの!」という感覚を思い出させてくれる曲。

こんにちは。

今日は個人的に聞くと元気になれるハロプロ曲について。

 

それがモーニング娘。の『この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』です!!

最初タイトルだけ見たときは、全く聞く気になれなかった(つんくさん、ごめんなさい!)のですが…(笑)

 作詞作曲はつんくさんです。

 

試験勉強した日も「昨日寝ちゃった」と言っちゃおう

スキな人はいるけど絶対教えない

陰で努力してても何食わぬ顔で生きちゃおう

この地球の平和を本気で願ってる

ガキ扱いNo Thank You

私の人生 誰かがどして邪魔をするのよ

さあ行け未来は渡さない

愛の力 愛の叫び

そうだ 言われたからするでなく

みんながしてるからでなく

この手が掴む元気な未来

Love&Peace

(※いちばんのみ)

 

もう、歌詞が大好きです。

「自分の人生は誰にも渡さない!」って前向きに生きていこうとする女の子って感じ。

個人的には女子高生のイメージかなー。

この曲はとにかくずーっと前向きで、ネガティブなワードが出てこない。

曲調もひたすら明るいので、聞くと元気になれます。

 

最近気持ちの落ち込みが続いているので、こういうひたすらポジティブなハロプロ曲を探してます。

「さあ行け未来は渡さない!」

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

この地球の平和を本気で願ってるんだよ!

この地球の平和を本気で願ってるんだよ!