〇をつけよ。

女性アイドル(ハロプロ、坂道系)の記事が多めの雑記ブログです。

どんなにいいように見られたくても ねぇ君は君以上でも以下でもない

今回は大好きなこの曲を紹介します。

 

Berryz工房の『愛はいつも君の中に』。

 

歌詞はこちらです。

 

愛はいつも君のなかで 愛はいつも君のなかで

愛はいつも君のなかで光る

 

まっすぐ生きるのってとても難しい

誘惑や臆病が君にささやく

 

好きなのって何だろう したいのって何だろう

大切にすべきことさえ見失うのかい

 

どんなにいいように見られたくても

ねぇ君は君以上でも以下でもない

どんなときも正義が勝つ そんな世であれと願おう

 

美人よりもモテる人がいるのも事実

姉妹でも得意分野違うも事実

 

愛は寂しがりやさ

愛は愛を呼び込む

愛は愛の上に愛を作ったりはしないさ

 

さあ笑え いざ挑め

愛は愛の上に愛を作ったりはしないさ

愛は愛の下に愛を作ったりはしないさ

 

 

長いので歌詞書くのは1番までで。

自分は、どちらかと言えばサビ前までの歌詞のほうが好きです。

 

真っ直ぐ生きるのって本当に難しい。

自分の好きなこと、したいことに正直になるのも本当に難しい。

でも、周りと比べたり人を羨んでばかりいると、自分がどうしたいか分からなくなってくるんだよね。

自分の感覚が鈍るというか。

だから、身近に羨ましく思う人がいたら、適正な距離をとることを忘れないようにしなければ、と思います。

羨ましく思うあまりに自分が見えなくなるのはよろしくないです。

 

 

 自戒を込めて今日はここまで。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。