〇をつけよ。

女性アイドル(ハロプロ、坂道系)の記事が多めの雑記ブログです。

「やりたいことないの?」いいえ、あなたに言う必要がないから言ってないだけですよ。

最近思っていることについて。

どちらかと言うと自分は、趣味や好きなことはひとりで楽しむタイプだと思う。

こうやってブログにアイドルのことを書くのは、誰か同じ趣味を持つ人たちと交流できたらと思うからだけど、ひとりで楽しむことを悪いと思ったことはない。

 

それと同じで、自分がやりたいことも将来こうしたいと思っていることも、ごく一部の親しい人たちを除いて、ほとんど公表しない。

もちろん公表したほうが何かとメリットがあるというのはよく分かっているけど、公表したくない。

 

そういう自分は周りから見ると「やりたいことが見つからない人」に見えるらしい。

人は自分が無職であることを知ると、「やりたいことが見つからないから無職になっちゃったんだね」みたいな雰囲気を漂わせる。

その背後に「ま、自分はやりたいこと見つかってるけど」みたいな雰囲気が匂う。

で「頑張ってやりたいこと探しなよ」と言われる。

 

余計なお世話だっつーの。

「やりたいこと」はあっても、お前らに話していないだけだ。

 

そもそも、「やりたいこと」が見つかってるのがそんなに偉いのか?

「やりたいこと」ってみんながみんな20代やそこらで見つけられるものなのか?

確かに「やりたいこと」が見つかっている状態だとわくわくするし、毎日が楽しくなる。

だけど、「やりたいこと」がいつ見つかるかは運だと思うし、見つかっていない人を憐れむのはやめてほしい。

「やりたいこと」が見つからなくてもがいている人をかわいそうな目で見るのはやめてほしい。

 

「やりたいこと」がなくても毎日を懸命に生きている人がいる。

そんなもの探している余裕がない人だっている。

「やりたいこと」があっても今はできないから、将来のために力を溜めている人だっている。

 

どうしてそこらへんが想像できないんだろう。

 

 

書きなぐったらすっきりしました。

ここまでお読みくださった方、ありがとうございます。