〇をつけよ。

女性アイドル(ハロプロ、坂道系)の記事が多めの雑記ブログです。

尾形さんの良さを見つけた卒業公演。

6月20日モーニング娘。の春ツアー千秋楽公演でした。

そして、この公演をもって、12期メンバーの尾形春水さんはモーニング娘。およびハロー!プロジェクトを卒業しました。

 

私はこの公演のライブビューイングを見に行きました。

2014年秋の道重さん卒業コンサート以来のライブビューイング!思っていた以上に、本当に素敵な公演でした。

何よりよかったのは、尾形さんがたくさんのメンバーから愛された存在だということが分かったことです。

以下、感想です。

 

1.メンバーから尾形さんへの卒業コメントがとても素敵だった

卒業公演のときは、アンコール明けに卒業セレモニーがあり、卒業するメンバーに向けて1人1人がコメントを言っていきます。それが本当に素敵でした。

なので、うろ覚えではありますが簡単に書いておきます。

 

●譜久村さん

今すごく寂しくて、自分でも思っていた以上にはーちんのことが好きだったって気がついた。

 

●生田さん

モーニング娘。に加入して最初のリハーサルほど辛いことってもうないと思うから、この経験を自信に変えてね。

 

●飯窪さん

尾形は自分にとってすごく大切な後輩。卒業してからもその関係は変わらない。

 

●石田さん

よく「石田さんはお母さんみたい」って言われてた。頑張るんだよ!

 

●佐藤さん

尾形が落ちてたときのことを知ってるから、今日リハで一人で歌っている尾形を見て「よく立ち直ったな」って思った。

 

●小田さん

はーちんは何千人のなかから選ばれたモーニング娘。のメンバーだから、そのことに誇りを持ってほしい。

 

●横山さん

尾形さんはいつも笑顔で話を聞いてくれて嬉しかった。可愛い子に会いたくなったら私に連絡を下さい。

 

●加賀さん

尾形さんからいっぱい好きっていってもらったのに、冷たく返事してごめんなさい。

 

●森戸さん

半年前はこんなに仲良くなると思わなかった。これからは友達として仲良くしてね。

 

●野中さん

はーちんは本当に優しい。これからは自分のために時間を使って。

 

●牧野さん

はーちんがいなかったら12期はまとまらなかった。「何でもいいよ」っていってくれるのははーちんの優しさ。

 

●羽賀さん

楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきた。これ以上何でも話せる人はこれからの人生にも表れないと思う。

 

2.尾形さんはモーニング娘。に必要な存在だった

尾形さんが卒業を発表してからいろんなブログやまとめサイトを読みましたが、そのなかには「結局何で尾形さんはモーニング娘。に入ったの?」というコメントも少なからずありました。

モーニング娘。で何をしたいのか分からなかった」「飽きグセを直さないと苦労する」とか。

 

確かに、尾形さんにはモーニング娘。で成し遂げたい何かがあるようには見えなかった。

BLTのインタビューも読んだけど、「大学進学は親との約束。果たせなかったときは辛かった」って言ってて、正直、「大学進学は自分の意思じゃなかったの?」と思いました。

 

でも、私は勝手ながら尾形さんの姿に自分の姿を重ねているところがありました。

周りのメンバーは音楽の才能があるか、または飛び抜けた才能はなくてもモーニング娘。が好きでたまらない人たちばかり。モーニング娘。のためにいくらでも努力できちゃう人ばかり。

そんな人たちのなかに入って、自分は才能でも熱量でも努力でも敵わないと分かったら…

私は一度そういう環境のなかに入って、辛くて仕方なかったときがありました。

なので、あくまでも私の推測なんですが、尾形さんもそうだったのかなーと。

 

だから、尾形さんの卒業発表を肯定的とも否定的とも言えない気持ちで聞いていて、ライブビューイングもその気持ちのまま見に行ったのですが…

 

卒業セレモニーでもやもやが一気に吹き飛びました。

なぜなら、メンバーから尾形さんへのコメントが本当にあたたかくて素敵だったから。

泣いているメンバーも結構いて、みんな本当に尾形さんのことが好きで、尾形さんはみんなに愛され、必要とされたメンバーだったんだなと思いました。

「歌やダンスはえらそうに言えない」って尾形さんはスピーチで語ってたけど、そんなことは関係ないんだな~と思いました。

 

3.卒業おめでとうございます!

卒業公演自体も楽しかったけど、特に卒業セレモニーは、尾形さんの素敵なところがたくさん見れてよかったです。

シーブルーのワンピースが本当に似合ってました。

私は尾形さんの歌声が好きなんですが、期待していたソロもありました!「涙が止まらない放課後」でした。

 

尾形さん、素敵な人生を送ってください。

卒業おめでとうございます!