〇をつけよ。

女性アイドル(ハロプロ、坂道系)の記事が多めの雑記ブログです。

快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方

ドミトリーハウスに連泊したので、快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方を書いておきます。

今までに4箇所泊まりましたが、ようやく快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方のコツを掴んだ気がします。

「これからドミトリーハウスに泊まるよー」という方の参考になれば幸いです。

 

まず最初に、必ずやってほしいこと。

それは、ドミトリーハウスの写真(部屋のなかの写真)と実際に泊まった方のクチコミをきちんとチェックすることです。

今は楽天じゃらんなど、ネットからドミトリーハウスを予約する方がほとんどだと思いますが、予約サイトには写真とクチコミが載っていることが多いです。

それらをチェックして、快適に過ごせる宿を探しましょう。

 

私は宿泊料金が安いところを選び、写真とクチコミはほとんどチェックしていなかったため、宿に着いてから後悔したことがありますので…。

 

では、次から快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方のコツを書いていきます。

 

①ベッドにカーテンなどの仕切りがついている

まずはこれ。

値段重視でなるべく安いところを選んだ結果、宿に着いてからベッドにカーテンがついてないことに気がつきました。

ドミトリーハウスのなかで、好き勝手に使えるスペースは個人に与えられたベッドのみ。

風呂、トイレ、ダイニングなどその他の設備は全て共用です。

なので、個人的にはベッドのなかで快適に過ごせるかどうかが重要なポイントだと思ってます。

ベッドにカーテンがついてないと、なんとなく心細いし、必要最小限のプライバシーも守られてないような気になるんですよね。

 

私はこれまで4箇所のドミトリーハウスに泊まりましたが、ベッドにカーテンがついてないところは1箇所ありました。

 

この点は、ネット上の写真かクチコミで確認できると思います。

心配なら、直接宿に問い合わせても構いません。

カーテンはマストですよ~

 

②男女別部屋

これも絶対に押さえておきたいところです。

特に女性の方は、絶対に男女共用部屋は止めたほうがいいです!!

男女共用とは書いてあっても、そのときの客の入り具合で男性しかいないこともあります。

「男女共用部屋だから誰か女性も泊まってるだろう」とは思わないほうがよいです。

なんとなく落ち着かないし、いびきがうるさくて眠れないなんてこともあるので、男女共用部屋はいいことなしです!

 

③近くにコンビニかスーパーがある

これもマストです。

ドミトリーハウスでは食事はつかないところがほとんどです。

なので、自分で買いに行くか食べに行くかしないといけない。

自動販売機が置いてあるところもほとんどないので、「ちょっと喉が乾いたな~」なんてときに、近くに食料品が買える店がないと大変不便です。

 

④アメニティが無料

これはそんなに優先度は高くないけど、アメニティって意外とお金がかかります。

タオル1日借りるのに300円とかします。

なので自宅から持っていくのがベストですが、持っていけないばあいはアメニティを無料で借りられるところを探すとよいかもしれません。

 

⑤エレベーターがついてる

エレベーターがついてないと、キャリーケースを抱えて階段を上がることになります。

地味にきついので、エレベーターがついてるところのほうがよいです。

 

⑥スタッフさんが親切

スタッフさんが親切なところだと、その地域のおいしいお店や観光名所を教えてくれたりします。

それに一人旅でドミトリーハウスに泊まっていると何かと心細くなったり不安になったりするものです。

そういうときにスタッフさんとお話できるようなところだと、本当にほっとします。

こればっかりは行ってみないと分からないのかもしれませんが、「スタッフさんが親切だったよ~」というのは、意外とクチコミに書いてあることも多いので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

 

以上、快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方のコツ6点をご紹介しました。

「ドミトリーハウスは安いから、多少の不自由は仕方ない…」と思うのではなく、同じ値段でも少しでも快適に過ごせるドミトリーハウスを探していただきたいな~と思います。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。