〇をつけよ。

ぼっち・人見知り・コミュ障との向き合い方を書いたブログ。

自分に自信がないと自分が損をする。

自分に自信がないと結局自分が損をする。

f:id:helloprojectidol:20181029083416j:plain

 

世の中損得じゃないよって思うところもあるけど、自分に対する自信は絶対に持っていたほうがいい。

自分に対する自信、つまり自尊心は持ってないと、100%!!!損します。

 

今日のブログ読んだら(最後まで読んでくれる人がいればだけど笑)、「あ、自分に自信ない生き方って損だわ」って思うと思います。

わたし自身への戒めでもあるんですけどね~

 

 

ではでは、わたしが自分に自信がなかったせいで損してきたことの一覧がこちらでございます。

 

 

・やりたいことをやりたいと言えなかった

わたし、小さい頃にやりたい習い事があったんですよね。

でもやりたいと親に言えなかった。

幼いながらに「これはわたしのキャラじゃないよな…」と思ってたわけです。

「こんな習い事してるって言ったらクラスの子に笑われるんだろうな~」とか。

 

・いじめられた

なんかよく分からないけど、行く先々でいじめられました。

からかわれても言い返さなかったので、いじめっ子たちにとっては格好のターゲットだったんだろうな~と思ってます。

 

・接客でクレームをつけられることが多かった

自信がないのって顔とか態度に出るんですよね。

仕事中なので本当は出しちゃいけないんだけど、二十数年染み着いた雰囲気ってなかなか隠せるものでもなく。

で、なんとなく自信がなくておどおどしてるのってお客様にも分かるから、ちょっとミスするとクレーマー気味なお客様からはここぞとばかりに責められる。

 

・就活で落とされまくった

会社って、謙虚な子は欲しいけど、自信のない学生は欲しくないわけです。

わたしには、この謙虚さと自信のなさの違いが長らく理解できてませんでした。

就活って会社に自分という商品を売り込みにいく作業なんです。

自分という商品が会社にとっていかに有益かをプレゼンしないといけない。

 

例え話で考えれば分かるけどさ、自分が嫌いな商品を人に勧めたりしないでしょ?

自分という商品に自信がなかったら、自分を売り込みになんて行けないよね。

 

 

などなどなどなどなどなどなどなどなどなど…

とにかくね、自信がないといろいろなことがうまく回っていきません。

で、貧乏くじばっかり引かされてる気分になるんですよ!!!

「なんでわたしばっかり?」ってね!

 

さすがにこんなことばかり経験すると、現状から脱出したくなります。

「もうこんな状況やだ!」「損ばっかりするのはやだ!!」ってね。

「自分に自信が持てるようになりたい」って思うようになります。

 

 

「じゃあどうやったら自信が持てるようになるの?」って話ですが。

うん。

 

そこは自分で考えよう

 

どうやったら自信持てるようになるかなんて、解決の方法は人それぞれだから。

 

 

「わたし謙虚に生きてるわよ」って思いながら、内心誰かの評価を待ってる方。

ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。